STATEMENT

我々Protest Raveが発足当初から掲げてきたものは何か。それは「個の主体性や自己肯定感の回復」であり、その根底にある「自由と人権」という人類にとっての普遍的な価値の重要性だ。この「自由と人権」を脅かす全体主義的なものや差別に対して、我々は一貫して抗ってきたわけだが、いま一度そのことについて声を大にしておきたい。

何故か。それはもちろん、中国政府による香港国家安全法の施行を受けてのことである。中国政府にはもともと覇権国家的な側面があるが、強大な国家権力によって人民を強制的に管理する、というその抑圧的な本質が、今回の香港への対応を通じてそのまま分かりやすく現れた、と言えるだろう。

これまでもウイグルやチベットで民族浄化的な弾圧を繰り返してきた中国政府は、デモで意志を表示してきた香港の人々に対してもまた、そうした動きを封じるべく、国家安全維持法を強引に施行し、香港から個人の「自由と人権」を奪い取ろうとしている。

その結果、本来民衆を守るべき立場であるはずの香港警察は、民衆を制圧するためだけの暴力装置へと成り果てた。中国政府、香港当局、香港警察が一体となって、プロテスターやジャーナリスト、無垢の市民に対して権力を不当に行使し、言論や表現、学術、芸術、文化、宗教などの自由はふみにじられた。

香港が何世代にもわたって築き上げてきた「自由と人権」という価値が、ここにきて徹底的に消し去られようとしているのだ。

アメリカで起きた警官による殺人に心を痛め、Black Lives Matterのムーヴメントに共鳴して声を挙げた諸君は、すぐ隣の国でも、多くの市民の尊厳が脅かされている、ということにも目を向けて欲しい。更に言うと、ここ日本にも同根の問題があるんだということを、まずは認識して欲しい。

入国管理局では、収容者に対する差別的、暴力的な虐待が日常化しており、実際に職員の制圧によって死者も出ている。先日の都知事選においては、本邦外出身者へのヘイトクライムやジェノサイドを扇動し続けた最悪の立候補者が、18万票というあり得ない数の票を集めている。他にも議員がアイヌの存在や歴史を否定したり、辺野古の工事が今だに強行されていたり、とキリがないが、それらは全てここ日本の話だ。

BLMや香港、ウイグルと同根の問題が、この日本社会においても至るところに存在する。まずはそうした事実を直視して、立ち向かうことをスタンダードにしていく必要があるのではないだろうか。

いつまで経っても黒人の命が見殺しにされていること、香港の学生たちが特殊警棒と催涙弾に塗れていること、反政府的な意見を封殺するためにドゥテルテが反テロ法にサインしたこと。前回のステートメントでも触れたが、今の全世界的な傾向として、ファシズムやレイシズムが、COVID-19と同じかそれ以上の勢いで猛威を振るおうとしており、それらの問題は決して対岸の火事などではないのだ。

香港では激化する抗議活動の鎮圧のため、「公衆衛生」が口実として使われている。そして、このウイルス禍におかれた非常事態の世界において、国家権力がそうした「公衆衛生」を建前に市民を管理統制下に置こうとしているのは、決して中国だけの話ではない。

権力者は人々の管理、統制を目的として、「自由と人権」を効率的に奪い去るための建前を探し求め、隙あらばその建前を駆使し、人々の心に不安や疑心暗鬼を植え付けることで、管理や統制を実現させようとする。しかし「公衆衛生」を口実に実現するであろう、全体主義社会、国家社会主義社会、相互監視社会というものは、我々が希求する民主主義社会の、明らかに対極にあるものだ。

我々Protest Raveは、この先も香港の民主派に連帯の意を示し、中国政府とそれに類する権力統治機関による民衆への全体主義的な抑圧に対して、ここ日本から全力で反対し、抗議していく。

We Dance Together, We Fight Together.

What has Protest Rave stood for since its formation? It is “the recovery of individuality and self-affirmation”, and at the root of it is “freedom and human rights”. We have been consistently fighting against totalitarianism and discrimination that threaten this “freedom and human rights”. But we want to speak out about that once again.

Why? The reason, of course, is the Chinese government’s enforcement of the Hong Kong National Security Law. The Chinese government has always had a hegemonic aspect to it, but it has been able to enforce its control over the people through its powerful state power. The repressive nature of their use of authority has been visible through the oppression that they have shown upon Hong Kong.

The Chinese government, which has repeatedly carried out ethnically cleansing in Uyghur and Tibet in the past, has demonstrated their power to the people of Hong Kong. They have also been using the National Security Maintenance Act to block movements that enforces Hong Kong of individual “freedom and human rights”, and attempts to take that away from them.

As a result, the Hong Kong police, who are supposed to be in a position to protect the people, are using violence to control the people only to suppress their civilians. The Chinese government, the Hong Kong authorities and the Hong Kong police, have been using unjust authority towards protesters, journalists and innocent citizens. Freedom of speech, expression, academic, artistic, cultural and religious freedoms have been violated.

The values of “freedom and human rights” that Hong Kong has built up over generations is in the process of vanishing because of all of this.

To all that are heartbroken and moved by the Black Lives Matter movement and the cop killings in America, we must realize that the dignity of many citizens in a county close by is being threatened; their lives being endangered. We want you to pay attention to the fact that there are problems like Hong Kong here in Japan.

Discriminatory and violent mistreatment of detainees has become a commonplace in immigration offices, and in fact, the suppression of staff has become a common occurrence. Some people have been killed by their actions. In the recent Tokyo governor election, a candidate that provokes hate crimes and genocide against people from outside Japan has gathered 180,000 votes. Some governors have denied the existence and history of the Ainu, and the construction of Henoko Base in Okinawa is still being forced on the southern prefecture of Japan. We realize it’s a bit of a stretch, but this is something that is happening all here in Japan.

The same kind of problems as BLM, Hong Kong and Uyghur exist everywhere in Japanese society. We think we need to face these facts and make confronting them a standard. Don’t you think so?

Black lives are still under heavy suppresion, and Hong Kong students are being left to violence through police batons and tear gas. Duterte, the president of the Philippines, signed an anti-terrorism law to silence anti-government views. As we mentioned in our last statement, the current global trend is moving towards fascism and racism. Like COVID-19, these kinds of philosophies are being spread like wildfire.

In Hong Kong, “public health” is being used as an excuse to quell the escalating protests. In this virus-ravaged world, the state’s power is being used to enforce that. It is by no means unique to China that they are trying to bring its citizens under management and control under the guise of “freedom and human rights”.

Those in power are building up to manage and control people and effectively take away “freedom and human rights” by creating anxiety and doubt in people’s minds. But under the pretext of “public health” governments will achieve a totalitarian society, a national socialist society, a mutual surveillance society, which is the obvious opposite of the democratic society we aspire to build.

Protest Rave will continue to show solidarity with Hong Kong’s pro-democracy movement by challenging the Chinese government and totalitarian oppression of the people by the ruling authorities, here in Japan. We must oppose with all our might.

We Dance Together, We Fight Together.

DONATION

過去2回のプロテストレイヴで頂いたドネーションを元に、当ウェブサイトを作成しました。
こちらの運営費や各種サポートに活用させて頂きますので、引き続きご支援をお願いします。

ゆうちょ銀行 一三八支店
普通 1394218
プロテストレイヴ