STATEMENT

【ミネアポリスでのGeorgeFloydさん死亡事件と、国家安全法制定をめぐる香港警察によるデモ鎮圧、そして #0530渋谷署前抗議 を受けての緊急ステートメント】*English is below

ミネアポリスの路上で職務質問を受けた、元ラッパーのBig FloydことGeorge Floyd氏が、警官の過度の拘束により窒息死した事件を受け、警察による人種差別的な暴力に対する抗議行動が全米各地で巻き起こっている。

また香港では、中国政府による統治強化政策の一環として制定される見込みの国家安全法に対して、香港市民が再びデモを立ち上げたが、昨年横暴の限りを尽くした警察の暴力によって再び鎮圧されたこともニュースで報じられている。

そしてここ東京においては、先日渋谷にて何の罪や過失を犯していない一人のクルド人青年が、職務質問によって一時的とはいえ、強制的に身体の自由を奪われるという事件が起きた。SNSで拡散されている動画により、その生々しい様子を目にした人も多いのではないかと思う。

これらはいずれも一般市民である個人に対する国家権力の濫用であり、決して許されないものである。いま、監視管理社会、全体主義社会の本質があらわになるこうした事態が全世界的に頻発していることは、果たして偶然によるものなのだろうか?

特に、今回渋谷で起こったクルド人青年に対する渋谷署の警官による度の過ぎたふるまいは、この国の国家権力による、罪のない一般市民に対する人権侵害そのものであり、同じ日本社会に暮らす者として、決して看過することは出来ない。彼らが警官から受けている不当な扱いを、我々が受けることなんてない、という保証はどこにも無いのだ。

もし(自分たちは何も悪いことをしていないから大丈夫)と思っているならば、無実のクルド人青年がいきなり拘束されるような事が実際に起きている以上、それはあまりに楽観的過ぎる。或いは、(彼らはガイジンだから仕方ないけど自分たちは日本人なので大丈夫)などと本気で思っているのならば、自分がレイシストである可能性について、一度自分自身を疑ってみた方がいい。

警官から押さえつけられたクルドの青年や彼の仲間たちの多くは、警察からの言われなき嫌疑に怯えたり、また入管の目を避けながら、この国で暮らしていかざるを得ない。何故なら、祖国を追われ、難民してこの国に辿り着いた彼らが帰ることの出来る場所は、ここ日本にある自分たちの家しかないからだ。

にもかかわらず、日本政府は彼らを難民認定するどころか、在留資格を失った者として、強制帰国のために牛久や大村の収容所へと送り込む。そして、入管行政のブラックボックスと化しているその場所では日常的に虐待が行われ、人としての自由や尊厳が簡単に奪われてしまっている。

仮にそこから出ることがあるとすると、それは強制送還の執行を意味するが、難民として日本にやってきた彼らに、祖国でどのような仕打ちが待っているかについては想像に難くない。しかしそれらは決してグァンタナモなどの話ではなく、ここ日本の入管行政において、現実に起きていることである。国家権力による差別的で排外的、管理社会的な入管行政のあり方こそが、「おもてなし」の心でオリンピックを招致しようとしているこの国の現実なのだ。

世界中でCOVID-19が猛威をふるい、ロックダウンの必要性が議論されるようになって以降ずっと付きまとうのが、そうした国家権力による個人の領域への不当な介入や、全体主義的な同調圧力が加速することへの懸念である。

我々は来たるべきポスト・パンデミックの時代に向けて、そうした排外的なもの、差別的なもの、全体主義的なもの、管理社会的なもの、同調圧力的なものに対して警告を発しながら、強く抗っていくつもりである。

個の尊厳を取り戻せ。
We Dance Together, We Fight Together.

[Emergency Statement in response to the death of GeorgeFloyd in Minneapolis, the suppression of a demonstration by the Hong Kong Police Department over the enactment of the National Security Act, and the #0530 protest in front of Shibuya Police Station]

Protests against racist violence by police have erupted across the U.S. after former rapper George Floyd, known as Big Floyd, was questioned on the streets of Minneapolis when he was choked to death by excessive restraint by officers.

Also in Hong Kong, news reports indicate that Hong Kong citizens have once again launched demonstrations against the National Security Law, which is expected to be enacted as part of the Chinese government’s policy of strengthening governance, but was once again quelled by police violence that went to the extent of rampage last year.

And here in Tokyo, a young Kurdish man with no crime or negligence was forcibly deprived of his physical freedom temporarily, after being randomly questioned in Shibuya by the police.

All of these are abuses of state power against individuals who are ordinary citizens and should never be tolerated. Is it really a coincidence that this kind of situation, which reveals the essence of a supervised and controlled society and a totalitarian society, is occurring frequently all over the world?

The excessive behavior of the police officers of the Shibuya Police Station against the Kurdish youths that took place in Shibuya is the very violation of human rights by the state power of this country against innocent civilians, and as a person living in the same Japanese society, it cannot be overlooked. There is no guarantee that we won’t be subjected to the injustice they are receiving from the cops.

If they think they’re okay because they haven’t done anything wrong, they’re too optimistic, as long as something like the sudden detention of an innocent Kurdish youth is actually happening. Or, if you really think that “Oh, they are gaijin, so it can’t be helped, but we’re are Japanese, so it’s okay”; you should question yourself about the possibility that you are a racist.

The young Kurdish man and many of his companions, who have been seized by the police, have been forced to live in the country in fear of random questioning/searches from the police and simultaneously have to avoid the eyes of the immigration authorities. This is because the only place they can return to after being displaced from their homeland and arriving in this country as refugees is their home here in Japan.

Nevertheless, instead of recognizing them as refugees, the Japanese government sends them to the camps in Ushiku and Omura, as they have lost their status of residence, to be forcibly returned to their country that they have fled from. In a place that has become a “black box” of immigration administration, where abuse is routinely perpetrated, human liberty and dignity are easily taken away.

If they do get out of there, it would mean enforcement of deportation, but it’s not hard to imagine what kind of treatment awaits them in their home country when they come to Japan as refugees. However, this is not a story of Guantanamo, but a real situation in the immigration administration here in Japan. This is the reality of this country which is trying to invite the Olympic Games with the spirit of “hospitality”.

Ever since COVID-19 raged around the world and the need for lockdown has been debated, fears of unwarranted intervention by such state powers in the realm of the individual and accelerated totalitarian attitudinal pressure have followed.

We intend to stand strong against the coming post-pandemic era, fighting against such exclusionary, discriminatory, totalitarian, controlled societal and sympathetic pressures.

Restore the dignity of the individual.
We Dance Together, We Fight Together.

DONATION

過去2回のプロテストレイヴで頂いたドネーションを元に、当ウェブサイトを作成しました。
こちらの運営費や各種サポートに活用させて頂きますので、引き続きご支援をお願いします。

ゆうちょ銀行 一三八支店
普通 1394218
プロテストレイヴ